バーチャルオフィスによる住所取得

バーチャルオフィスはレンタルオフィスに似ているものの、一番異なるのは、実際にはその場所で業務をしないという点です。もちろん会議室や机などの備品をレンタルすることもできますが、レンタル料金は別途発生することがほとんどで、もしも比較的頻繁にそれらの備品を利用するのであれば、レンタルオフィスを借りたほうが安くなる可能性もあります。

バーチャルオフィスの場合は、バーチャルオフィスの住所を事業所としてホームページや法人登録時の住所として利用するだけのために契約することや、自宅の住所を明かして仕事をしたくないという方や、都心の一等地等、会社として箔の付く場所にオフィスを構えていると印象付けたいという場合に重宝されます。企業の所在地は、企業のイメージを形作る上で重要な要素の一つで、一等地に事務所を構えているだけで信用されやすくなることもあるでしょう。また、バーチャルオフィスの住所や電話番号はもちろん実際に使用することができますので、その住所や電話番号から転送させることによって、自宅に居ながらオフィスに対して発送される書類や、電話に対応することも可能です。ほとんどの作業は家で行うものの、プライバシー保護の観点から別住所のオフィスを公表する住所として利用したい場合も、バーチャルオフィスはおすすめです。


Comments are closed here.